目と舌で楽しめるお茶。

キラキラと輝く金毫(芽と一枚目の葉の裏にある産毛が紅茶の製造過程で金色に染まるのです。それを「きんごう」と呼びます)が美しいだけでなく、ひたすら続く甘みに思わず顔が緩みます。

茶葉をひとつひとつ丸めてより美味しさが出るようになっています。

無肥料でこの甘みにはなかなか出会えません。

 

このお茶のように金毫が多いお茶は熱湯より、一度他の容器に移したお湯で淹れていただくと甘味がよりいっそう引き立ちます。

有機蜜芽滇紅 8g 20g

¥600価格
グラム
  • ご家庭の急須でしたらティースプーン2杯程度から始めてみてください。
    お湯を入れて30秒~1分でコップに注ぎ切ってください。
     

    茶葉の量、浸出時間は好みにもよりますが少しずつ試してご自身の好みを探してみてください。