名古屋 彩雲 中国茶 雲南 工芸品
名古屋 彩雲 中国茶 雲南 工芸品

彩雲オンラインショップでは、店主が厳選したお茶をネット販売しています。お気軽にご活用ください。

滇緑の会

7月29日(日) 滇緑の会を開催いたしました。

中国で一番作られ、飲まれているのが緑茶。 ただ、雲南での主流は「日干し」緑茶であるプーアル生茶で、一般的に知られている緑茶とは性質も味も変わります。

そして、滇緑においては雲南では飲まれ方が様々。 いわゆる教科書通りの淹れ方をする人もいれば、生茶と同じように淹れる人もいる。

そこで、滇緑は教科書通りの淹れ方(低温じっくり出し)と生茶と同じ淹れ方(高温さっと出し)での飲み比べをしていただきました。 もちろん同じ茶葉でも違いは出ましたが、面白かったのはお客様ひとりひとりの感じ方が違ったこと。 じっくり出しがおいしく感じる方もいればさっと出しの方を好まれる方もいて、雲南のお茶の柔軟さを改めて感じることができました。

また、茉莉花茶も滇緑がベースであるため今回はゼリーという形で二種食べ比べていただきました。

雲南にもジャスミンの名産地はあるもののなかなか美味しい茉莉花茶はないので楽しんでいただけたと思います。

偶然にも茶心居の坪内さんがご自宅で栽培されていたということでジャスミンの生花を見ていただくこともでき、会を盛り上げていただくことができました。

皆さん興味を持って聞き、味わっていただけたので楽しい会となりました。 お越しいただきました皆様、茶心居坪内様、材料等のご協力いただきました皆様 ありがとうございました。

※お客様より写真をお借りいたしました。

次回は9月23日老班章、老曼峨のお茶を楽しんでいただきます。 中々本物に出会えないうえ、見つかっても手の出ないお茶。 そんなお茶なのでご縁ができるまで待っておりましたらこの春に手に入れる機会をいただきましたので皆様と一緒に味わいたいと思います。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square